サイトを開設しました!

ドロンズサーフツアーDay7

みなさん、こんばんは。

本日ロンボク最終日となりました。

今朝は夜明けと共にクタの町を出発して6時にはグルプックに到着。

潮回りは干潮に向かう時間。

インサイドは引きすぎるとブレイクが早くなってしまうのであまり期待はしていませんでしたが、今日は西寄りのうねりがブレイク。

風は無風、面は整っており、レギュラー・グーフィー共に形の良い波。

そして何より昨日の喧騒が嘘のように少人数!

6時から8時過ぎまで7~8人でインサイドの波を満喫しました。

下記今回の旅を通してドロンさんからのお言葉です。

・・・・・・・・・・・

あんべの次郎ちゃんはちょうど良いところからロングライディング~まず一本目は楽しくクルーズ!

さとうたかしはいつもだとシングルスタビだけど、スタビを外しシングルフィンに変更~スピディーな波乗りを満喫していた。

塚本はエンジン付きのサーフボードに自分なりに長く波に乗り、波乗りを満喫していた。

さやかは安定したファンボードでロングライディング~波の選び方もよくなってきた。

今回の旅は全体的に風が悪かったけど、少人数だったので毎日楽しくビンタンビールとウイスキーが飛び交っていた。

有意義な6日間。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・

 

最終日は穏やかなサーフタイムを過ごすことができました。

誰も怪我やクラッシュすることなく終えられたことが何よりです。

サーフガイド&スクールをまかせたREZA。

下積み時代が長かった気もしますが、まだまだこれからですね。

頑張れREZA!

みんな仲良しREZAファミリー

板の梱包を手早く済ませ、KUTAに戻りみやちゃんショップでお買い物。

最近仕事が忙しいまんちゃんも見送りにきてくれました。

あっという間の一週間、ついにロンボクを去る時がきました。

開発が進み少しずつ良くなっている部分と田舎町でなくなってきたところに少々寂しさを感じますが

いつ来ても太陽の日差しは眩しく常夏の雰囲気を味わえる島。

波質やポイントもビギナーからエキスパートまで揃っており、ロンボク島の自然は誰でもウェルカムしてくれますよ~

また来ます~♪

お世話になった方々、ありがとうございます。

さて我々はJakartaを経由し日本に帰ります。

今回帰りのロンボクージャカルタ間のフライトが飛ぶ飛ばないで二転三転しました。 

当初2時間のトランジットだったはずが8時間の待ち時間。。。

あんべパパはロンボクーデンパサール経由ですが前日になって飛行機が飛ばないという話になり、同じく6時間の空港待機時間。

これからガルーダ航空でロンボク行きを検討されている方はお気をつけください~

みなさん応援ありがとうございます。

またこの次をお楽しみに~

 

まいど!

 

Team ドロンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA